脱毛の仕組み

人間には身体を守るためにたくさんの体毛が生えています。しかしその多くは現代人の生活ではなくても困らない、いわゆるムダ毛と呼ばれるものです。時代や国、文化などによって違いはありますが、現在の日本では体毛がない方が良いと何かしらの方法でムダ毛処理を行う人がほとんどです。最も一般的なのはカミソリやシェーバーで毛を剃る方法ですが、すぐに伸びてしまうのでこまめな手入れが必要です。毛を抜いたり薬剤で溶かして処理する方法は見た目はきれいですが、毛穴や皮膚に対するダメージが大きくあまり良い方法とは言えません。

自分で行えるムダ毛処理の方法には、それぞれデメリットがあります。その上どの方法であっても効果は永続的に続くものではありません。ムダ毛処理を好きで行っている人はいませんし、誰でも一度はムダ毛が生えて来なくなれば良いのにと考えたことがあるはずです。それを叶えられるのが脱毛エステです。脱毛を行うためにはムダ毛にレーザーや光を当てて、毛根に接する毛乳頭という部分にダメージを与え破壊します。毛には成長のサイクルがあり、成長期の毛には効果がありますが、退行期や休止期の毛には効果がありません。そのため全ての毛を脱毛するためには、数回施術を繰り返す必要があります。レーザーや光はメラニン色素に反応するので、他のムダ毛処理方法と違い周囲の皮膚にダメージを与えることもありません。以前に比べて料金も安くなり、一般人にも利用しやすくなりました。